April 18, 2006

Brooklynのイースター

先週末は近所のプロスペクトパークで、恒例のイースターエッグハント大会(中にお菓子やコインやオモチャを入れたプラスティックエッグやミニチョコエッグを大人が隠して、それをコドモが血マナコになって探す)+Bさんのお誕生会春の運動会(パン食い競走)ピクニックやってきました。
最高によい天気だったのは、ひとえに私の日頃の行いのせいに違いありません。


エッグハント風景。






















まったく心に余裕がない。脚が宙に浮いちゃってる。

















戦利品。






















そして、とってもやりたかった「パン食い競走」 は、パンの代わりにドーナツ。しかも砂糖コーティング。しかもそれがドロドロに溶けてるってヤツで、終わった後みんなの顔が砂糖でガビガビ。そんなこととはつゆ知ら ず、そん顔のまんまでアカの他人の人々と気取っておしゃべりしてたのは、お誕生(元)ガールのBさんです。

ヨーイドン!の瞬間の男子チーム。青春だな。


















女子チーム。人目もはばからず色気より食い気。

















やっぱり二人三脚と卵運びレースもやりたかったな・・・。

2 comments:

みほ said...

あら!ひねさんったら。いつの間にこんな写真を・・・。
わたしたち、こんな状態だったのね。顔に付いた砂糖の感覚が読みがえってきました。

hine said...

スゴいよね〜、みんな大口開けて。手が使えないってホント不便だね。今度やるときはチョコレートドーナツでやるのが面白いかも(笑)。