June 10, 2009

Kyoto Ectoplasm Girl Kokeshi 



















展覧会用のこけしちゃん、こんな風になりました。
口から出ている煙のようなのは「エクトプラズム」です。よく心霊写真とかでウッカリ写っちゃってるようなヤツです。

これを専用こけし箱に入れて、何週間か前にフェデックスでLAに送ったんだけど、インターナショナルシッピングは翌日配送ってのしか選べないから、たぶん送料ちょっと高いかもなとは思ってたんだけど、昨日請求書が来て開けてビックリ!!!

だって、US$441.65!!!

いっぺんで顔に斜線はいりました。
本体のこけしより高額、っていうか$441.65もあったら自分で飛行機に乗って届けられるんじゃ?!!急いでフェデックスに問い合わせてみて、今朝折り返し電話があったんだけど、本来シューズボックスサイズの箱に入れて送ったのに、どこでどうなったのか分からないけど、書類上では100 x 60 x 60cmなんて言うとてつもなくデカい箱サイズが記入されてたため、重さが40kgとかに計算されて(本当は500g以下)この送料になったことが判明。

しかしホッとしたのも束の間、じゃあいくらになったかと言うと、$116・・・。 高いよっーー!!!!今までもそのくらいの大きさの箱でアメリカに送ったことあったけど、こんな高かったことはなかったので全然納得いかなかったんだけど、オペレータは、この箱のサイズだと、いくら中身が軽くても送料はこうなると言い張っていて、かなり電話でねばったけどどうにもならなかった・・・(涙)。もうほんとガックリしました私は。次回からこうゆう大事なものを送るときは郵便局のトラッキングできるエクスプレスサービスを使おうと心に誓ったのでした・・・。はぁ〜〜〜〜・・・。

2 comments:

Kaoru said...

わ~それは本当に高い送料ですね!インターナショナル便になるからでしょうか。

アメリカもUSPSのシステム変更で船便というものがなくなったので、インターナショナル便の送料がとても高くなりました。4パンド以上のエアメールは(いまはエアメールしかないけどね)みんな強制的にプライオリティメールになるので、重たいものはFlat Rateの箱に押し込みますが、それでも46ドルぐらいします。

hine said...

うるさん(もしやこのハンドルネームは、「カオル」とちゃんと発音できないアメリカ人の発音が由来??)、
そうなんですよ〜〜!頭に来る高さでしょう?カナダは国際郵便料金も、小さくて軽くても、厚みが2センチを超えると突然3倍くらいの送料になっちゃうんで、カメラケース送るときはキュウキュウに包んで送ってるんですよー。