September 7, 2007

バンクーバーアイランド・キャンプ旅行 その1

先週、3泊4日でバンクーバー・アイランドのトフィーノというところへキャンピングに行ってきました。
どんなところかと言うと、ビーチはもちろん、フィッシング、カヤッキング、ホエール・ウォッチング、ハイキング、サーフィンなどが出来てしまう島らしい。
と、そんなことを書くとまるでアウトドア大好き女のようですが、やっぱり思いっきり不向きということを再確認できた、そんなステ〜キな旅でした。
来年はやっぱりB&B。


バンクーバー郊外のフェリー乗り場から、いざ出発!















レンタカーと一緒にフェリーに乗って1時間半で島の西側に着きます。
このフェリー、きっとショボいカフェくらいしかないんじゃないの?と思いきや、ちゃんと温かい食事の出来るIKEAのような広いカフェテリアあり、チビッコのプレイルームあり、オーガニック石けんとか置いてあるけっこうマトモなお土産物屋あり、小さなアーケイド(ゲーセン)もあったりして、完全オノボリな我々はコーフンしました。

確か人間だけなら片道$11程度。安い!

しかもウッカリ滑ってるヤツの標識もあったりして。





















街は、スポーツ好きの若者や家族づれ、オーガニックやヨガ好きなちょっとヒッピー入ってる人々が多く、小さいながらもこぎれいでダサくないと言った印象。


ヤケに力が入ってる生協の冷凍食品フリーザーの上のディスプレイ。なぜだ。































同じく生協のハードウェア店で売ってた虫除け服。全身カバー。
おにいさん一見マッチョなのに実は弱虫という印象が拭えません。
でも、これじゃぁ、手だけ刺されて耳なし芳一状態になってしまうんでは?

















レストランからの眺め。水上飛行機も発着してる。

















4〜5年前にNYで買ったテントがいつの間にかベースメントから盗まれていたので、今回買い直しました。
前のはちっちゃくて狭くてナンギしたので、今度のはデカい。ちゃんと中で立って歩けて野戦病院並み(うそ)。
しかも犬部屋あり↓(笑)。しかし組み立てるのはスゲーめんどー(涙)。














キャンプ場。テント、歪んでないか?





















寝袋以外に、弱虫なのでエアーベッド&毛布も持込み。キャンピングの醍醐味はいったいどこへ?

ここまでやっておきながら、1日めの夜は、寒さに弱い私はもちろんのこと、寒さ知らずのカナダ人ダンナとムスコですら寒くて眠れなかった!
しかもムスコのエアーベッドの空気抜けちゃうし!(穴が空いてたらしい)

なので現地で掛け布団も購入(おいっ)。しかもシーツもセットで付いてきたのでついでにそれも。
なんだか家とだんだん変わらなくなってきた。
でも、テントの下に敷くシートを持ってこなかったので、裸足で砂利道を歩いているように足の裏が痛かったです・・・。

















そして2日めはこれでよく眠れるだろうと思ってたら、隣のサイトのサーファー若者が夜遅くまで(キャンプ場では11時過ぎたら静かにしなくてはいけないのに)盛り上がっていたのでうるさくて眠れず・・・。
夜になると物音ひとつしなくなってしまうところなので、普通の話し声でも筒抜け。


キャンプ場裏の海岸。
なんだこのヘビみたいなのは〜〜〜!?とよく見たら海藻の1種らしい。Kelpと言うらしい。昆布の仲間?
これは数メートルだったけど、後日海に出たらこれがあちこちに浮いてました。
海の底に繋がってるということなので実際は相当の長さ。





















その砂浜で埋められてた犬。
こんな状態になってるのに何事もないかのようにまっっっったく気にしてなかった。
この子はこのあと砂をつけたまま海で遊んで、そして私の目の前に来て、ありがたいことに全身ブルブルしてくれました。ありがとう。おかげで新しいカメラのレンズ窓が閉じなくなったよ・・・。
















その砂浜に設置してあったウ○チ袋。
ワンコの表情といい、黒光りしたソレといい、袋の透明感といい、味わい深い絵です。





















ペット連れと言えば普通は犬なんだけど、キャンプ場でテントの横に猫を繋いでいる家族が!
またそのニャンコも何事もないかようにおとなしく座ってて、人に写真撮られてました。
うちのハナちゃんだったらありえない!首輪の装着さえ暴れて困難。


キャンプ場の巨木!どっからが根っこ?トトロ住んでいそうです。
どうもこの島は、巨木が多いらしいです。





















続きは次回。
ホエール・ウォッチングと天然岩場温泉!

2 comments:

tamon said...

うっかり滑ってる人評論家tamonです。
これはかなり珍しいです。滑ってるさまをさっと1本の線で表しているあたりに美を感じます。水滴などをいっさい排したいさぎよさ。

虫除け、頭部だけってのも見ると笑っちゃうよ。寝袋で寝るとき用みたいなの。
以前、モスキートネットというベッドの上に吊るす、見ようによってはおしゃれな蚊帳を買おうと検索してたとき、そういうのがいっぱい出て来たのさ。

hine said...

標識、確かにあのたった1本の線が決め手ですね、先生。

寝る時ににネット被るってのもかなりウザッたそうですね。
昨日バナナとアウトドアスポーツ・ストア(たっくさんある)のハシゴしたんだけど、未知のワールドで面白かったですよ。寝袋がすごい進化してました!